無料ブログ作成サービス JUGEM
並び直し つづき その1

 

続きですが

お正月といえば 私は百人一首 花札もやっていて 

小さいころから親しんできました

お正月過ぎてもやってたりして親に怒られたりして(笑)

今のようにゲームやスマホがない時代

家族で兄弟で輪になって楽しく、時には駆け引きし

負けたら悔しい思いしながら

やれたことは 幸せだったんでしょうね〜

写真は 常滑焼 高資作 百人一首彫 朱泥急須

こっまかい 本当に彫ってあるのか 確認したら

確かに 

「秋の田のかりほの庵の 苫をあらみ 

     わが衣手は 露にぬれつつ」

という 天智天皇の句が読め

急須の口の方から手に向かって 順に彫り進めて

ありました。

これだけ彫るの 集中力がいるだろうなと

感心しながらながめています。

| 瑞穂商店 伊藤啓子 | 急須  | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
飾り直ししました

昨日 並べ替えに 頭を悩ませてましたが

今回は 朱泥の物に揃えてみました。

倉庫の2階から下してみた 面白そうなものです

伊藤泰月 (本名 伊東泰一)
(明治38年1月25日のお生まれだそうですから
今日がお誕生日 ご存命なら満112歳ですね)

  号 勢山堂 朱泥宝瓶

茶こしは胴抜き茶こし 烏(からす)口です

萬古焼の職人の中で 朱泥の急須の先駆者と言われています。

 

 

 

 

仲井堂 森水造となっていた 朱泥宝瓶茶器

なんと つまみが海老

お正月過ぎましたが おめでたい雰囲気ですね

そして 湯冷ましと 煎茶碗が6つ木箱に収まっていました。

栞もなく これが 萬古焼なのか?常滑焼なのか?

ちょっと 調べたかぎりではわからなくて不明ですが

軽くて手触りもいいです。

 

| 瑞穂商店 伊藤啓子 | 急須  | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
久しぶりに 萬古焼急須 もようがえ

 

おだやかな 久しぶりにゆっくりした日曜日

片付けして 掃除をして お店の並べ替えなど

してました。

蓮の花がらの綺麗なのをいただき

茎が美しいので それだけで飾ってみました

蓮の実の 飛ぶのを支えて 茎はあり  藤松遊子

山田昌仙 白泥 茶壺 竹雀

松風窯  朱泥の小さい急須

蓬莱堂 丸型宝瓶

美月  窯変急須と ぐい呑み 2種

 

 

 

黒田光楽 抹茶碗 「凩」

 

 

竹に雀は 繁栄の意味もあるとか聞きます

小雀は三月の季語らしいのですが

寒くなると ふっくら空気を膨らませて暖かそうにしてる

雀が見られたのですが 最近 雀もあまり見かけないのは

なんだか 淋しいですね

見かけるのは でっかい 横暴な感じのカラスばかり・・・

カラスが悪いわけではないけど 増えすぎてる感が

いなめません なんとかならんのかな?

近くの三滝公園では ナンキンハゼの葉が

美しく紅葉していました。

 

 

 

| 瑞穂商店 伊藤啓子 | 急須  | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
森 伊呂久 萬古焼急須

 

最近 萬古焼土鍋のことを アップすることが

多かったのですが 萬古焼急須の方も

色々お問合せなど いただいていて

ありがたいことです。

三代目 森 伊呂久さん
(昭和11年5月24日生まれ 昨年鬼籍に入られました)の
紫泥急須  ダイヤカット急須が有名ですが

これが 菊鮫様彫りかな?

それぞれ 味わいがあり ながめています。

| 瑞穂商店 伊藤啓子 | 急須  | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
常滑焼 急須 紹介続き 舜園

 

弊店にある 常滑焼急須 ご紹介

舜園さん 朱泥 彫り急須

割と大き目の茶漉しがついてます

 

 

そして 蓋の空気穴は 急須の口と反対側にあいています

昭和25年のお生まれだから 写真は25歳当時の物ですね

 

 

 

 

この名鑑も 見つけてよかった〜(笑) 

拝見して勉強させてもらってます。 

| 瑞穂商店 伊藤啓子 | 急須  | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
常滑焼 急須 ご紹介 つづき

 

 

常滑焼急須のご紹介 続きです

こちらは 黒っぽく見えますが

緑泥 藻がけの急須

 

 

 

友仙さんの物です 常滑焼 茶器作家名鑑昭和50年3月発刊)
というのが

片付けた時にあるのを見つけてあったので

調べてみました

友仙 (小西 友仙)大正2年 3月23日生まれだそうです。

| 瑞穂商店 伊藤啓子 | 急須  | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
常滑焼 朱泥 宝瓶 

 

こちらは 常滑焼 朱泥急須 というか 宝瓶

 

 

「こんなのも あったんだな〜」と

夫と片付けていて見つけて

見入ってました。

意外と軽くてびっくりします

彫が綺麗ですね。

| 瑞穂商店 伊藤啓子 | 急須  | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
台風一過とはなりませんね

 

やっと 雨がやみました

台風一過 すっきりとした青空が〜 という朝には

ならず しとしとと雨が降っていましたが

今は 曇り空ですが 明るくなっています。

皆さんのところは被害がなかったでしょうか?

 

 

 

萬古焼急須

こちらは 太仙(たいせん)さんの急須

山本太仙さん(昭和28年のお生まれ)は 

礫亭(れきてい)さんのお孫さんになるそうです

どのくらい前のかな? ちょっとわかりません

シンプルな形が魅力的ですね。

| 瑞穂商店 伊藤啓子 | 急須  | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
台風16号 きています・・・

 

 

 

今 台風16号が近づいています すごい雨風なので

雨戸を早目に閉めて すっかり夜のようになって

エリアメールで 避難準備情報が流れてきます・・・

無事に過ぎてくれるのを 祈るのみです

萬古焼急須ご紹介

これは 美月さんの窯変 優しい肌触りです

萬古焼急須でちょっと落ち着こうっと

家がみしみしいってます(汗)

| 瑞穂商店 伊藤啓子 | 急須  | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
萬古焼急須の口の先が欠けても

 

倉庫の二階をごそごそした中で 見つけた

松風さんの 朱泥の割と大きな急須

お〜いいじゃん♡ と 思ったら

残念無念(涙) 口の先が欠けておりました。

どうしようかな・・・と 思ったのですが

口を保護する ハイティーキャップ(哺乳瓶の口と同じ素材で

色も朱泥用、紫泥用があります)なるものがあるので

それをはめて 支障なく家使いに使用しております。

気をつけてても 口は当てて欠けてしまう事が多いですものね

 

 

 

お茶うけは長野瑞穂特派員からのお土産

長野県飯田市の いと忠さんの「巣ごもり」

ホワイトチョコに包まれた やさしい口当たりの餡

美味しくいただきました。ごちそうさまでした

| 瑞穂商店 伊藤啓子 | 急須  | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
まとめ