無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
並び直し つづき その1

 

続きですが

お正月といえば 私は百人一首 花札もやっていて 

小さいころから親しんできました

お正月過ぎてもやってたりして親に怒られたりして(笑)

今のようにゲームやスマホがない時代

家族で兄弟で輪になって楽しく、時には駆け引きし

負けたら悔しい思いしながら

やれたことは 幸せだったんでしょうね〜

写真は 常滑焼 高資作 百人一首彫 朱泥急須

こっまかい 本当に彫ってあるのか 確認したら

確かに 

「秋の田のかりほの庵の 苫をあらみ 

     わが衣手は 露にぬれつつ」

という 天智天皇の句が読め

急須の口の方から手に向かって 順に彫り進めて

ありました。

これだけ彫るの 集中力がいるだろうなと

感心しながらながめています。

| 瑞穂商店 伊藤啓子 | 急須  | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://mizuho3.jugem.jp/trackback/3755
まとめ