無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
飾り直ししました

昨日 並べ替えに 頭を悩ませてましたが

今回は 朱泥の物に揃えてみました。

倉庫の2階から下してみた 面白そうなものです

伊藤泰月 (本名 伊東泰一)
(明治38年1月25日のお生まれだそうですから
今日がお誕生日 ご存命なら満112歳ですね)

  号 勢山堂 朱泥宝瓶

茶こしは胴抜き茶こし 烏(からす)口です

萬古焼の職人の中で 朱泥の急須の先駆者と言われています。

 

 

 

 

仲井堂 森水造となっていた 朱泥宝瓶茶器

なんと つまみが海老

お正月過ぎましたが おめでたい雰囲気ですね

そして 湯冷ましと 煎茶碗が6つ木箱に収まっていました。

栞もなく これが 萬古焼なのか?常滑焼なのか?

ちょっと 調べたかぎりではわからなくて不明ですが

軽くて手触りもいいです。

 

| 瑞穂商店 伊藤啓子 | 急須  | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://mizuho3.jugem.jp/trackback/3754
まとめ