無料ブログ作成サービス JUGEM
今年の萬古まつり 二日目

DSC_0715.JPG

 

晴天でにぎわった 一日目

 

DSC_0718.JPG

 

二日目は朝から雨でしたが 予想以上にお客様があったように思いました。

 

ただ ものすごい雨で 大阪からお越しのお客様に

 

「大阪から来るときに 前が見えないくらいの雨のなか 車できたので

もう少ししたら あの すごい雨がくると思いますよ。」と聞かされ

覚悟はしてましたけど 本当にすごかったです。

 

今年から 裏のところに小さいテントをたててもOKになったので

緊急に買って 立てて 日差し除けに役にたっていて喜んでいたのに・・・

店番が私一人の時があり 目が行き届かなくて

テントに溜まった雨の重みで テントの骨組みが「ばきばきっ」と音たてて折れてしまったのには

びっくりしました。

さいわいなことに どなたもその時にテントの下にいなかったので

怪我をする人もなくてよかったですし

周りのお店の人に助けてもらいながら

テントを畳み とりあえず 商品にはシートをかけて対応してました。

助けてもらって ありがとうございました

 

終了時間も 一時間早くなり 5時に終わり 早く帰ってこられてまだ楽でしたね。

 

いろいろ ありましたが 今年もいいご縁をいただき 感謝 感謝です。

 

 

 

 

| 瑞穂商店 伊藤啓子 | 万古焼 あれこれ | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
今年の萬古まつり

DSC_0713.JPG
今年の萬古まつり 晴天のもとはじまりました。

 

DSC_0714.JPG

こんなんもってきてるの
うちぐらいかな 笑
急須の胴を持ってきて
合わしてもらうい
("⌒∇⌒")あえばもうけもん

 

今年も 何人かの方が ご利用になり

多くの方が 

「しまった〜 胴もってくればいいんやね」

「蓋 割れたら 捨ててしまってたわ〜」とのお声がありました。

 

中には 蓋つきのお湯呑の蓋を割ってしまって ちょうど 平らで合うのあったようで

喜んでくださった方もありました。

 

二日目には ご要望にお応えして 小さな定規を備え付けました。

 

 

| 瑞穂商店 伊藤啓子 | 万古焼 あれこれ | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
春らしい急須 その7

DSC_0377.JPG
利月さん

 

DSC_0376.JPG

 

春らしい萬古焼急須 その7

今回は二点

利月(本名 佐野 利治)さん

どちらも 持ち手に桜の透かし

とても 軽く 
茶漉しも綺麗で大きくて
使いやすそうです。

 

飛び鉋 カット 美しいですね。

| 瑞穂商店 伊藤啓子 | 急須  | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
春らしい急須 その6

DSC_0375.JPG

 

 

春らしい万古焼急須 その6

旭昇(きょくしょう)さん 樋口忠三郎さん 大正7年11月16日生まれ

こちらも 持ち手に桜の透かし
胴に牡丹の彫りです。

持ち手に透かしを入れるのは
難しいし、焼いた時に駄目になってしまうリスクが高いけど 一時 流行って

職人さんが腕を競うように 透かしを入れてたんだと 万古焼問屋の先輩から伺いました。
職人気質っていう事ですかね

| 瑞穂商店 伊藤啓子 | 急須  | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
春らしい急須 その5

DSC_0373.JPG
 

春らしい 万古焼急須 その5

蝶々の彫りと 持ち手に桜の透かし

「星月」と銘はなってます

この窯は 調べてもよくわかりませんが

がさがさした肌ざわりや
持ち手に透かしがあるので
昭和40年代頃までの物かな?って思っています。

もう少しで二歳になる孫が
最近やっと片言で日本語らしきことを言うようになり
「ちょ〜ちょ」もボキャブラリーの一つ(笑)
一つ一つ増えるのが 楽しみな春です。

| 瑞穂商店 伊藤啓子 | 急須  | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
春らしい急須 その4

DSC_0417.JPG

 

DSC_0331.JPG
伊呂久作

 

春らしい急須 その4

伊呂久さんの急須

印花 私には今咲いている小花に見えてしまいます。

 

庭の草花 この暖かさで 勢いいいですね〜

 

DSC_0334.JPG

 

| 瑞穂商店 伊藤啓子 | 急須  | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
春らしい急須 その3

DSC_0332.JPG

 

泰月作

DSC_0333.JPG

春らしい急須 その三

萬古焼 朱泥急須

菊割ですが 蓋の彫りを見ていて

萌えはじめた

よもぎに似てるなって感じました。

 

 

DSC_0344.JPG

大きな急須ですが

見た目より 軽いんですよ(笑)

わが家のよもぎは 柔らかいところを天ぷらでいただきます。

子供が小さい頃はよく草もちも作ったんですが
最近はやってないな〜
また 作ってみようかな(^ー^)

 

| 瑞穂商店 伊藤啓子 | 急須  | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
春らしい急須 その2

DSC_0342.JPG

 

DSC_0341.JPG

春らしい急須 その二

春は 旅立ち 巣立ちの時ですよね

そこで

萬古焼急須 鳥の飛び出し急須

これは 笹岡 豊山さんの

手捻りです。

万古の土の 焼き締まる特性を生かし

お茶を淹れる時に 急須を傾けると

鳥が飛び出す工夫がしてあります。

他のところには ない ユニークな

急須ですよね。

 

DSC_0340.JPG

鳥と言えば

わが家の庭の桜の枝が この頃 下によく折れて落ちてまして

なんでだろー??と思ってたら
原因わかりました!

犯人はカラス

カラスがきては 小枝をバキッと折ったかと思うと くわえてとびさって行ってました
巣作りに使うんですかね( ̄0 ̄;)

カラスも一生懸命なんでしょうが
あまり増えると 小鳥が寄り付かなくなっちゃうから 困ります
ゴミも荒らすし これ以上増えないで欲しいと思いますね。


鳥飛び出し急須

| 瑞穂商店 伊藤啓子 | 急須  | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
春らしい急須

DSC_0335.JPG

春らしい日が続いてましたが

月曜からしばらく天気下り坂のようですね

春らしい急須?って 何があるかな?

まず思いついたのが

蛙つまみの急須(^ー^)(常滑焼)

実家の庭にある池には

父からの情報だと

蛙さん達 産卵に押し掛けて
きているようです。

元気に育って無事に帰るよう

縁起物の蛙さんです。

 

| 瑞穂商店 伊藤啓子 | 急須  | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
もう一つのお茶

DSC_0285.JPG

 

DSC_0284.JPG

 


もう一つは 白茶?でしょうか?
調べてもわからないので
ご存知の方 教えてくださいませ

| 瑞穂商店 伊藤啓子 | お茶 お菓子 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
まとめ